YANKTON DRAFTERS BASEBALL LEAGUE 1980's

DRAFTER」という英単語を辞書で引くと、 おもに「起草者、製図者」といった意味が出て来る。しかし、実際にこの「DRAFTER(S)」という言葉は、音楽のバンドやスポーツチームの名前などでよく目にする。代表的な例だと、プロ野球の「ドラフト会議」。そう、我々がよく耳にするドラフトとは「選抜」を意味し、ドラフターズで「選抜選手」となるわけだ。このTシャツ、アメリカのサウスダコタ州にある人口2万ちょいの田舎町ヤンクトン(YANKTON)で行なわれている草野球リーグの参加品である。野球のメッカ・アメリカでは、都会から田舎、子供から爺さんまで、さまざまな場所・世代に応じた野球リーグが存在し、このように誰も知らないローカルな街ですら、選抜された選手(DRAFTERS)によるリーグ戦が行なわれるのだ。そして、そんなマイナーなリーグのオリジナルTシャツにしてこの完成度。ミニマムなデザインだがマキシマムに語る。アメリカの野球とグラフィック。その層の厚さを強く感じさせる1枚である。




XL(身幅53 着丈69


ポリエステル50/コットン50


解説カード付き

15,800円

在庫あり
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません